オーイシマサヨシ

「世界が君を必要とする時が来たんだ」